読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【概要及び告知】

【概要】

・不定期に小説以外の文章を載せる場所です。

・この記事は常にTOPに表示されます。

 

【告知】

・サークル『午前3時のパスボール』活動準備中。

2017年 6月に開催される北海道コミティア6に参加申請中です。

予定は性転換モノ短編、属性ごった煮獣化短編小説本の2冊になります。

 

【リンク】

ツイッター

Pixiv

スパロボV

 をこっそり買ったワケですよ、VITA版を。ホントはPS4版買おうかなあ、と思ってたんですが、初期出資が大きいのとすぐやりたかったので、という理由で却下。

 VITATVでプレイしたんですが、結論としては戦闘で若干ジャギーな感じはなりますが、特に動作に関しては問題なし、という感じかと。

 それで中身のほうを箇条書きでちょこちょこと。以下ネタバレ注意。一応色は変えますが。

 

・ゲームバランス

 SRポイント狙ってハードに行ってもヌルめ。他で言うならMXくらい(ただしグルンガストとヒュッケがいないと、SRポイント狙いの1週目の難易度は若干上がるかと)。ただTaCポイント制はPPより扱いやすいので個人的には続けて欲しいですねえ。後半加入のユニットでも救いがありますし。

 後「2週目でも資金TaCポイント全引き継ぎ」なのはありがたいですね。

 

・シナリオ

 「万丈はA級ジャンパーだったんだよ!!

 比重的にはヤマト(序盤と終盤)>クロスアンジュ(中盤あたりからちょこちょこ)>ナデシコ(中盤)、マイトガイン(序盤からちょこちょこ)>マジンガー(中盤~後半)かなあ、という感じです。

 原作再現はヤマトとクロスアンジュマイトガインの初参戦組が大きく、他はクロスオーバーメインになってます。

 特に冒頭で書いた「ナデシコ」と「ダイターン3」の絡みが衝撃的。「クロスアンジュ」と「SEED DESTINY」はギャグ的な絡みが多いですね。「アスラン」が……。

 ただ「エヴァ」の初参戦シナリオが雑! いや、良い意味? でなんですけど。

 何かと最近は叩かれ気味なシナリオが多かった印象ですが、個人的には好きですね、オリジナルの敵がシナリオ中主張激しくないのもいいかと(ただラスボスの戦闘中笑ってしまうテキストになっているのはどうかと)。

 余談ですが、アマクサVsアムロをやらなかったのが意外でした。

 

・音楽

 まあいつも通りですね。プレミアムエディションじゃないので主題歌流れるとまた違うのかなあ、というのはありますが。

 

・キャラ

             オタサー

 ナインちゃん可愛い。勇者特急隊の姫でもありますが。

 他に目立ってたのはナデシコ勢でしょうか。特にアキト、TV版の熱血さも持ち合わせてていいです。あと、これは事前情報あったので伏せませんが、ユリカ復活のシーンは泣けました……。

 もう一人、名有りモブなのに目立っていたタツさん。お前マイトガインのキャラじゃないのかよ!!!(心から叫びつつ書いてます。)

 

 まあ、こんな感じでしょうか。細かいところでバグが残ってるので修正パッチを出して欲しいところではありますが……(資金のオーバーフロー、ザンボット3だけソートが効かない、刹那の技能消失バグ、等……)

プライムミュージックいろいろ

 プライムミュージック、いろいろありすぎてどれ聴いていいやら……という人も多いと思うので個人的にチョイスなんかを(アフィ? そんなものウチにはないよ)。

 

Television - Adventure

 初っぱなから名アルバムのMarquee Moonをチョイスするんじゃなくてこっちかよ、と言われそうですが(※そっちもあります)。

 いや、過小評価されてるアルバムだからこそ聴いて欲しいんですよ。確かにMarquee Moon(曲名)みたいに突き抜けた曲はないのは事実ではあるんですが、けだるい雰囲気はやっぱりいいと思います。

 

Rah Band - The Very Best Of

 ビートルズの編曲などを手がけたRichard Anthony Hewson氏(だからRAHなんですね)のバンドのベスト。

 Clouds Across The Moonだけでも是非聴いて欲しいです。

 perfumed garden the Best of Rah Bandを所持している人も、抜けているMessages From The StarsとWinter Love(こちらの2曲も名曲!)が入っているのでおすすめですよー。

 ただ、確かに今聴くとわりとギリギリのダサさ(とくにシンセが)なんですが……。

 

Boa - Twilight

 エイベックスじゃなくてserial experiments lainの、と言われて何人が分かるでしょうか? 個人的には凄い好きなアニメなんですが……(激しく人を選ぶ)

 やっぱりDuvetが突き抜けてるんですけど、Elephantとかも良い……。

 THE RACE OF A THOUSAND CAMELSを所持してる方はDuvetのアコギVerが入ってるので……。

 

matryoshka - Laideronnette

 むしろこれがプライム対象なの!? と驚いてしまったアルバム。

 海外のバンドじゃないです、日本のバンドなんです……。

 音楽としてはアンビエント、ポストロックにジャンル分けされるでしょうか。シガー・ロスとかが好きな人にはピンと来るでしょう。

 つべこべ言わずNoctambulistを、聴いたらマイミュージックに確実に放りこむでしょうから。

 

ポルカドットスティングレイ - 骨抜き E.P.

 若手バンド注目枠ということでひとつ。

 たぶんメジャー行くんじゃないですかね、しかし福岡という土地は良バンドを量産させる何かがあるんでしょうか……?

 テレキャスター・ストライプを聴いておけば通ぶれますよ!(ゲス顔でそう書きつつ)

 

 という訳で5枚チョイスしてみました。ちょこちょこやっていこうかなあ、これ……。

 

【おまけ】

kots - Serial Suicide

 kotsは神(ネットミームですよ)。

 LAST DAYS OF HUMANITYのErwin氏のソロプロジェクト、と書くとグロジャケが出てくるので調べないほうが良いとは思いますが、有名なのは……

www.youtube.com

 この動画でしょうか(これはグロじゃないです)。

 しかしまあなんでkotsは神なんでしょうか? 死ぬほどワンパターン(それはもう、死ぬほど)のドラムマシンメインの打ち込み曲の羅列ではあるんですが、妙に聞き続けたくなる魔力を秘めているのは確かですね……。

 ただでさえコアなメタル系列の中で、さらに偏狭なゴアグラインドなんで万人には勧められませんが。

最近見たもの(アマプラとか未消化録画とか)

【個人的ランク付け表】
 S(殿堂入り) A+、A(とてもよい) B+、B(よい) C+、C(普通) D(視聴切りレベル)

 

R.O.D THE TV
 1話の完成度と高揚感がとにかく素晴らしい、よくできてる。
 序盤は面白いんですが読子さんが出てくる前後あたりから「ん?」となった回もありますが、全体的にはとても良いアニメだったと思います。
 3姉妹メインで進めてって最終盤に読子さん出せばよかったんじゃないかなあ……とも思いますが。
 個人的評価:A

WORKING!!、WORKING'!!
 同じキャラでも監督が代わると演出が違って、見方が変わるんだなあという好例。
 暴力無気力キャラなど一癖多いキャラが多い中で、種島ちゃんは癒やし。
 3期はアマプラにないので未視聴。レンタルでもしようか……個人的には1期のほうが好きです。
 個人的評価:B+、B

・WWW.WORKING
「ひがしだー!!」
 あ……この娘アホの子なんだな、って即分かる演技がぐー。(ちなみに作者公認だそうで)
 最初はスロースタートな感じでしたが、キャラの関係性がまとまって行く度に面白くなっていった印象。
 いわゆる犬組より確かにアクは強いですね、特に足立クンは……。
 個人的評価:B+

三者三葉
 良くも悪くもフツーの日常系と言った感じでしょうか。
 ただキャラクタの立ち方は生き生きとしてるので、それがいいかも。
 個人的評価:C+
 
ろんぐらいだぁす!
 無事(なのか?)に完結と言うことで。
 アクタスがアレになったり、シリーズ構成の人のアレさが暴露されたり、OPの人が引退したりでごちゃごちゃしてましたが作品に罪はなし。
 作画は不安定でしたが、出来としては個人的に好き。最終話にすぱすぱのキャラ出してみたりとか。
 ただ構成がナー、佐伯さんがらみがちょこっとだけ、ね……それでも良いアニメ化だったとは思いますよ。
 個人的評価:B

【今更感想】Elysian32/札幌吶喊 を歩く。

 1月29日の話なので、少し記憶が曖昧になりつつあるけれど、イベントの感想などを書くことにします。

 Elysianの話をすると、行くのは北海道コミティア2と併設になっていた29以来。理由をあげるなら、基本的に北海道の二次創作イベントは女性向けのほうが多いイメージ(おでかけライブなんかも女性向け創作してるサークルさんが多い)だったので、足を運ばなかった、という要因が大きかったのだけれど、今回はガールズ&パンツァーのぷちオンリー(札幌吶喊)が開催される、ということだったので一般参加することにしました(ガルパンに関しては気が向いたらそのうちブログで書こうかなあと思う)。

 当日、天気は快晴。ただし諸事情により5時半起きだったのでそれが少し辛かったなー、と思い返していますが。

 朝食、何気に地下歩行空間で初サブウェイ(田舎者め)だったのですが美味しかったですね、今後はモスバーガーとどっちにしようか迷うかも。ちょっと足りなかったので、普段はいかないサンクスに寄ったのですがファミマの商品が並んでいて驚いた……。

 で、その辺はおいといてイベントの話。

 アスティホールは初だったのですが、駅→アピア→アスティ45と行けるので、アクセスもよく、ほどほどの広さなので中々良いところだなーと思いました。北海道コミティアの会場である芸文館はとっても過ごしやすいんですが、駅の乗り継ぎがあるのでアスティより少しだけ遠いんですよね。

 カタログを買って入場。

 女性向けサークルもあったんですが、男性比率が多い感じでしたねー、ガルパンぷちオンリーの効果でしょうか。

 エリシアンスタッフのイベントらしく、終始穏やかーな雰囲気で進行していったのですが、戦慄というかなんというかな出来事が……。

 

 サ ル ミ ア ッ キ 試 食 会

 

 口に放りこんだ瞬間は「ん?」って程度で済むんですよ。ただ噛めば噛むほど癖のある味わい、更に歯にもくっつきやすくて……飴が無ければ即死でした。というか一言でサルミアッキでも色々種類あったのは知りませんでしたね。

 追いサルミアッキはやめろーっ。

 

 成果は以下に(ツイッターにはアップしてましたが)。

 

f:id:three_am_passedball:20170202010603p:plain

 

 こちらがエリシアンのほう。大谷号さんのジャガイモ本を入手できたのは嬉しかったですね。北ティアの時は買おうかどうか……ってやってるうちに完売してたー!? ってパターンが多かったので。今回も終了時間前に完売してましたね、凄い。

 工藤さんの本は興味はあったんですけど、ホラーものニガテなんだよなー……って悩んでたら劇画狼さんの連載で克服出来た(よふざきさまとかで)ので2冊とも、という流れで。

f:id:three_am_passedball:20170202011048p:plain

 

f:id:three_am_passedball:20170202011120p:plain

 

 こちらは札幌吶喊のほう、あんちょびもの、竹本先生の漫画を読んでいる身としてはニヤニヤとできるネタが……。加筆版を作るそうなので期待。

 下記に関して言うと、リアルラックがないほうなんですが、ハズレクジが当たりに化けて色紙を頂いたので、今年の運を使い切ってしまったような……それでも当たりは嬉しいです。

 次回のエリシアンで札幌吶喊2が開催されるようなのでこちらも期待ですねー。

 

 汚い字を晒して終わります。

f:id:three_am_passedball:20170202011514p:plain

 

 いや、ホント気を付けましょう。財布を忘れた方、気がついたんでしょうか……?

 

 …………

 

f:id:three_am_passedball:20170202011550p:plain

 

 次回は北海道コミティア6ですね、間に合うんでしょうか。間に合わせないといけないんですが。頑張ります。まだ当落は未確定ですが。